サンキャッチャーとは?

『光を掴む』という意味のサンキャッチャーは、別名「レインボーメーカー」とも呼ばれるインテリアアクセサリーです。
クリスタル製のガラス玉を使いストラップのように作成したものを窓辺など太陽の光が直接当たる場所にぶら下げると、クリスタルで乱反射した光が虹の粒となって部屋に入ってきます。
太陽の光とともに幸運を運んでくれるアイテムとして、欧米ではとてもポピュラーで、窓辺に吊るしているところをよく見かけます。
近年では「太陽の光=無限のパワー」とされる風水においても注目されており、テレビや雑誌等で紹介される機会も増えてきました。
サンキャッチャーの起源ははっきりとは言えませんが「北米大陸の南部に住んでいるネイティブ・アメリカンが初めて作った」という説や「冬季の日照時間が少ない北欧で、少しでも太陽の光を部屋に取り込もうとした」という説があります。

サンキャッチャーと火事

サンキャッチャーを使うにあたって、誰もが一度は思う疑問は「火事にはならないかな??」ということではないでしょうか?
「窓辺に置いてあった金魚鉢が虫眼鏡のように光を集めてしまい火事になった」というような話を聞いたことがあるかと思います。
「光を集めるサンキャッチャー!」などと銘打っている商品もあり、心配になる気持ちはとてもよくわかります。
しかし実際にところ、サンキャッチャーは光を集めることはありません。
凸レンズの「集光」とは逆の「散光」をするのがサンキャッチャーです。サンキャッチャーで使用されるクリスタルパーツはカットされており、それが光を屈折させて虹の粒を振りまきます。
サンキャッチャーを自作する際はこの点を踏まえ、カットクリスタルのみを使用するように心がけましょう。
 

使用されるガラスの種類

サンキャッチャーはカットが施されたガラスなどを陽の光に当たることで小さな虹を作り出す道具です。
そして、使用されるガラスはいくつかの種類があります。
 
ソーダガラス
一般的で丈夫なガラス。丈夫なので食器やビンなどに使われることが多く、サンキャッチャーで使用される比較的安いガラスボールに使われうこともあります。
 
クリスタルガラス
透明度、光の反射率、屈折率が高く、高級な食器などに多く用いられます。鉛の含有率によってレベルが決まり25%以上のものをレッドクリスタル、それ以下のものをセミクリスタルと呼びます。酸化鉛を混ぜ込むことで透明度や輝きがある反面、通常のガラスに比べると重く柔らかいため傷がつきやすいのが特徴です。
そのため、カットするのには高度な技術が必要となり、含有量が高いほど扱いが難しく金額も上がります。
 
無鉛クリスタル
鉛の代わりにバリウムやチタンなどを混ぜることで透明度、光の反射率、屈折率を高めたガラスです。
 
中国製などの安価なパーツが「クリスタルガラス」として販売されていることがよくありますが、ほどんどの場合酸化鉛の入っていないただのソーダガラスであったり、混ざっていてもほんのわずかということがありますので注意が必要です。
同じ大きさの「ソーダガラス」の玉と「クリスタルガラス」の玉を持って比べると、重さが全然違うのでびっくりされる方が多いです。
また、無鉛クリスタルについてですが、日本でも有名な「スワロフスキー社」のクリスタルが徐々に無鉛クリスタルに移行しており、そういった商品のパッケージには「lead free(無鉛)」と記載されています。
 

クリスタルのメーカー

サンキャッチャーで使用される「クリスタルパーツ」とは主に「シャンデリアパーツ」のことを指します。
当然ですが、もともとサンキャッチャーを作るために作られたものではなく、シャンデリアの装飾のために作られているパーツです。
 
日本で一番有名なクリスタルメーカーは「スワロフスキー」で間違い無いと思います。
少し前に流行った携帯電話などを「デコレーション」するために使用される「ラインストーン」で使用されており、スワロフスキーという名前が商品名だと思っている方も少なからずいたようです。
実際日本では、スワロフスキー以外のクリスタルパーツはシャンデリアメーカーなどの一部の業界以外で使用されることはほとんどなかったため、一般の人が知る機会はなかなかありませんでした。
  
それでは実際に世界にはどのようなクリスタルメーカーがあるのでしょうか?
以下では特に有名な3社の説明と寸評を書いていきます。
 

SWAROVSKI(スワロフスキー)

1895年にオーストリアのチロル州で創業した世界最高峰のクリスタル・ガラス製造会社です。
誰しも一度は耳にしたことがあるような有名メーカーですが、その品質は非常に高く、独自のカッティング技術によりとてもシャープで美しく、遠くから見てもキラキラときらめくように計算されて作られています。
また、色や形の種類も豊富で、世界中で様々な用途で使用されています。
ヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツとして使われていることでも有名です。 
 

ASFOUR CRYSTAL(アスフォー/アスフールクリスタル)

正確なカットは透明で明るく、カラフルな火花のようだとも言われますが、これはクリスタルガラスの製造分野において50年以上の経験を持つことから容易に見て取れます。   
1961年の創業以来、品質の追求を積み重ねてきました。   
元々は2200平方メートルほどの敷地で200人の職人で製造をされてきましたが、現在では120万平方メートルにまで増築された工場で28,000人以上の選び抜かれた従業員と、非常に優秀な職人を抱えるまでになりました。   
日本ではあまり知られていませんが、クリスタルの製造量、出荷量は世界一を誇ります。
「ASFOUR CTYSTAL」「PRECIOSA」「SWAROVSKI」の3大クリスタルメーカーの中では、一番安価なため非常に使いやすく、世界中の多くに人に使われています。
 

PRECIOSA(プレシオサ)

チェコで一番有名な高品質クリスタルジュエリー・オブジェの会社です。   
独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタルガラスの製造技術を生かし、最近ではラインストーンをはじめ、ビーズ・ペンダントトップ・ボタンといったアクセサリー製品の製造も行っています。   
ボヘミア地方のガラスの歴史は古く13世紀に遡ります。   
ヴェネツィアよりガラス技術が持ち込まれ、徐々に広がっていきました。   
17世紀頃からは独自の工法が編み出されだんだんとヨーロッパ市場で名が知られ始めます。   
1948年に7つの主要ガラス工場が戦略的提携を結び、プレシオサグループが結成されました。
 
 サンキャッチャーを作る上でこういったメーカーの歴史などを知ることは、必ずしも必要なことではありませんが、知ることで余計愛着が湧くのでは無いでしょうか?